活性酸素を除去する水素水の効果|新陳代謝向上で美肌に良い

女性

現代人の味方

飲み物

手軽に健康サポート

食生活の欧米化にともない、肉や油の摂取量が増加しています。その反面、野菜の消費量が減ってきているのが現状です。野菜には、ビタミン、食物繊維など多くの栄養素が含まれています。一日の摂取目安量は350g以上と言われていますが、これだけの野菜を毎日食べ続けるのは難しいのが現実です。そんな中、野菜不足を手軽に補えるとして青汁が人気です。生の野菜を絞った汁が青汁です。野菜に含まれるビタミンなどの栄養素は、加熱すると失われたり効能が落ちたりします。生のまま飲める青汁は野菜不足を補う理想的な飲み物です。また、緑黄色野菜を主な原料として明日葉や大麦若葉など商品によって使われる素材は様々あります。自分の体調や目的に合った青汁を選ぶ必要があります。

賢い選び方

最近グリーンスムージーという言葉をよく耳にします。青汁との違いは、材料と製法にあります。青汁が緑の野菜のみで作られているのに対して、スムージーは果物が含まれています。フルーツが含まれているため飲みやすい反面、糖分が多いので注意が必要です。また青汁は、粉末やサプリメントなど加工したものが多く、手軽に飲むことができます。反対にスムージーは手作りなのでフレッシュな状態で飲める分、調理に時間がかかってしまいます。理想的な飲み物である青汁ですが、選び方には注意があります。何よりも大切なのは、味や匂いです。野菜中心なので苦みが多く、飲みにくい商品もあります。長く続けるには、飲みやすいものを選ぶ必要があります。また原材料も大事です。美容が気になる方には抗酸化作用のある大麦若葉がおススメです。ダイエットには整腸作用のある明日葉をおススメします。